ネット時代の音楽家達

音楽

長らくブログの更新をサボってしまった。
老耄の域に入ったせいであろうか、老眼に飛蚊症・3つの腫瘍を抱えていることもあって、史学研究の気力が衰えてきたのは間違いない。
拙家遠祖の史学的研究は数年前に一段落しているので、これからは余生を楽しむことを主眼とし、若い頃より大好きであった音楽関係の事を書いて行こうと思う。

インターネットの急激な進歩によって、今では長時間の動画であってもyoutubeなどにアップロード出来るようになり、若い音楽家達の素晴らしい演奏を自宅に居ながら聴くことが出来るようになった。

ホームページ・Twitter・Youtube・instagram・Tiktokなどを駆使し、積極的に演奏をアップロードされている。彼らの新しい試みは、既存のコンクール入賞云々とは全く別の視点で活動されており、実際多くのファンがつき、その結果、音楽興行会社によりコンサートが催されるようになった。
私もファンの一人であり、CDやライブチケットを購入し、楽しませて頂いている。

殆どの方がクラシック音楽の素養をお持ちで、音楽理論を充分ご理解されている事もあり、レパートリーはもの凄く広い。
その上で、一般大衆が求める音楽をピアノ一台で演奏する為のアレンジを楽々と熟し、素晴らしいオリジナル曲を幾つも作曲されておられるのには頭が下がる。

昨年末に(2021/12/31)にNHKのFMで「ピアノyoutuber」特集を2時間にわたって放送された番組は素晴らしかった。
司会進行はハラミちゃんが勤め、菊池亮太・みやけん・Animenzさんがトークを交わし、独奏・連弾された。録音してあるがネットに公開することは法的に出来ないのが残念である。この放送は永久保存版とも言える内容だった。

最後の方で、ハラミちゃんが「みんな違ってみんな良い」と話していたが、正にその通りだと思う。
夫々の個性があって、でも、なんの練習もなく一つの曲を即座に連弾出来る。途中で互いに即興でソロを弾き合い、伴奏も見事に合っている。

昨年5月に河口湖湖畔で開催された「PIANIC」の一部が公開されており、ハラミちゃんと菊池亮太さんの連弾がハラミちゃんのサイトに上がっている。


翌日菊池さんがご自宅からの生配信の中でお話になっていたが、事前に何の打合わせもなく演奏されたとのことであった。

このコンサートの縁で、ハラミちゃんは大塚愛さんと交流を深められ、ハラミちゃんとのyoutube共演を始めとして、その後愛さんのコンサートにゲスト出演され、また、民放でも共演されていた。

先日のyoutube登録200万人記念200曲演奏の折には、全くなんの連絡もなく(多分スタッフさんは知っていただろうが)途中でお祝いに駆け付けられていた。何とも微笑ましい光景だった。
また。清塚信也さんもケーキを持ってお祝いにこられ、まるで掛け合い漫才のような軽妙なトークを繰り広げ、4曲連弾された。

①クラシック出身 ②作曲出来る ③アドリブ出来る ④コードを使えるのは稀有な存在とご指摘になっていた。ハラミちゃんは何でもできる。クラシック出身のでこれが出来る清塚は天才だとオチを付けて大笑いされていた。パパミちゃん・米塚先生とお米さん(ハラミちゃんファンのこと)から大人気の清塚先生の好評価は言い過ぎではない。
最後に即興作曲連弾されたハラミちゃんテーマ曲は素晴らしかった。清塚先生はいつも若いピアニストに優しくサポートされており、多くのピアニストが心強く思っている事だろう。

ハラミちゃんは度々TVにもゲスト出演されている。きっかけは広瀬香美さんとのコラボ動画だったが、その後何度もTVに呼ばれるのは、彼女の出演が放送局スタッフの予想以上に高視聴率を叩きだしているのだろう。

NHKBSで放送されている「歌えるJ-POP」に初めて出演された時に、倖田來未さんと共演された「愛の歌」はハラミちゃんの見事な伴奏により、全く新しい壮大な芸術を醸しだした。この共演がNHK内部で大好評となり、以降の出演に繋がったとMCの平野ノラさんが番組内でお話になっている。

中島美嘉さんとの「Desire*」・「異邦人」、また、坂本冬美さんとの「また君に恋してる」・「夜桜お七*」にはバイオリニストの廣津留すみれさんも加わり、聴衆を魅了している。
[*]が廣津留すみれさん共演

菊池亮太さんはネットピアニストがyoutube上で連続演奏を行うことで、互いに盛り上げようと「ネピ冬」・「ネピサマ」を企画され、後輩たちの応援もされている。良い先輩だな~と何時も感心している。

こんな光景を以前は全く予想出来なかった。正しくインターネット時代の革命とも言ってよいだろう。
既存のクラシック音楽コンクール云々の権威体制は消えることは無いだろうが、若いyoutubeなどのSNSを駆使する演奏家達には何の影響力も与えることは出来ないだろう。

演奏家は聴衆が求める音楽を提供してこそ生計が成り立つのである。
聞いた事もない作曲家のマイナーな曲を演奏されても共感は得られない。
マーケティングに基づいて曲を演奏する音楽家に、今までクラシック音楽とは無縁であった聴衆がファンとしてつき、CDやライブチケットを購入しているのである。

ピアニストとしてクラシック音楽の素養は必須であるが、実社会おいて演奏を求められる機会は多くない。

過日、twitterで生徒を募集されているピアノの先生が、演奏動画がありますかと質問され、無料で提供する事は無いとお答えになられていた。

書かれている文章からピアノ教師としては有能な先生であろうと推定出来るが、会社であれば店舗の入り口とも言えるホームぺージを無料(WixとAmebloを併用)のもので開設され、何の関係もない広告がベタネタついて来るのは如何なものか。中学生が独学でホームページを作り始めたのと同じレベル。

一般社会においては類似商品を多くの会社が販売している。そこでどうして自社の商品を購入して貰えるか各社は様々な工夫を凝らし、会社のホームページは専門の担当部署を設け、ユーザーが訪問して来られた時に判りやすいように、経営情報には大きな力を注いでいる。また、試供品の提供なども行い激しい競争をしている。

飲食店においては綺麗な店舗を作り、道路に面したショーウィンドーには料理のサンプルを並べ、値段が書いてある。極々当然の事と言える。

貧弱な店構えでサンプルも出ていない、価格も表示されていないお店では、修行を積んだ一流料理人の店ですと、料理のレシピを写真も載せずtwitterで書き連ねても、消費者は暖簾を潜らないだろう。

この教師を絵画の先生に置き換えればもっと良く解る。何処かの3流美大を卒業され、絵画教室を始められ、生徒を募集されているが、ご自分が書かれた作品は無料では見せない。でも私は教師としては一流だから授業料を支払って下さい。と言っているようなものと言える。
どんな絵を教えて貰えるのかも分からずに、親が子供を連れて行くだろうか。
首都圏の大都市に教室を構えられているが、本当に優秀な方なのかは本人の言以外に何物もない。
これで商売出来ると思われている処が、一般社会人にとっては理解不能だという事を自覚しておられない。不思議な方だなと思う。

今日では10万円も出せば数ページのウェブサイトを作ってくれる業者はネットですぐ見つける事が出来る。そんな簡単な事も出来ないでは優秀なピアノ教師と雖も成功は難しいだろう。

twitterには毎日何度も投稿し、学校の音楽教育へも辛辣な批判をされている。ご出身の音大が昨年より学生の募集を中止したようなので、何れ大学は消滅してしまう。音大としてはFランクレベルと言われても致し方ない。何かそんなコンプレックスが、twitter上で爆発して毎日投稿を繰り返しておられるのだろう。大学を卒業しピアノ教師を始められ、生徒を募集する為に精一杯胸を張っておられるのだと推察するが、経営学的な観点が全く抜けているとしか言いようが無い。

学部への入学(編入学)試験を受けて経営学部に入学し、マーケティング・経営情報を学ばれることが必要かと思う。私学音大は学科試験なしで推薦入学させているのが殆どなので、一般大学の学科試験を突破出来るだけの学力をお持ちの方は極めて少ないのが現状と言える。
尚、「例えようのないFラン大学」は卒業しても殆ど評価されません。何処がとは口が裂けても申し上げられませんが、関東ですと大東亜帝国、関西ですと摂神追桃レベルなら、胸を張れないが、何とか大卒です。
他にも全国に良い大学は沢山あります。後は皆様にご判断にお任せします。

一日中twitterに齧りついて、如何に自分が優れた教師であるか書き連ねておられるが、そんなことをせずとも、外へ出てストリートピアノでみなさんと交流を持たれる方が、生徒募集の効果があるだろう。

なにか、ストピで演奏する事を蔑んでいるような感じも受ける。小学生たちもドンドン参加してきているし、国際的なピアニストもコロナ下で日本へ帰ってこられている事もあり、積極的に子供達と交流され、楽しい動画を上げておられる。キッズ達が如何に大きな影響を受けるかは言うまでもない。

ピアニストのサイトで一番良く出来ているのはハラミちゃんのサイト。流石に元IT会社社員だけある。これはスタッフさんが書いておられるが、twitter・instagram・tiktokなどと全て連携しており、申し分ない。流石photoshopの専門家だけある。

FrontPage

今後演奏家やピアノ教師としてご活躍される方々、ホームページは店舗の正面入り口だと言うことをご理解頂きたいものである。

コメント